Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
コラム

食事マナーを身につけて、美味しい料理を食べに行こう!!【フランス料理編】

誕生日や記念日など、特別なシーンと言うものが、私達の人生の中で訪れる場合があります。

その中で日常とは違う、素敵なレストランに出掛けたりしますよね。

もしかしたら、サプライズか何かで突然そう行った場所に行く機会が訪れるかもしれません。

1番大切なのは、お料理を楽しむ事。

テーブルマナーが分からず、その事ばかりに気を取られてせっかくのお料理の事を何も覚えていない。。。となるのは、とても悲しいですね。

そうならない為に、テーブルマナーやお食事について頭に入れておいても損は無いはず!

今回はフランス料理のテーブルマナーについて一緒に学んで行きましょう!

フランス料理とは

ピエール
ピエール
中華料理、トルコ料理と並んで世界三大料理の1つですね

フランスの産物を利用し,フランス人の手によって作られ,フランス国内で発達してきた料理をいうが,広くは他の国々で作られているフランス風料理をも含む。長い歴史の間に磨き上げられた高度な調理法と洗練された味をもち,西洋料理の代表として世界中に広まっている。
[特徴]
まず第1に材料が豊富なことがあげられる。フランスは気候が温暖で肥沃な土地に恵まれているため,穀物,野菜,果物などはその種類,産出量ともに多い。

引用︰世界大百科辞典第2版

知ってる? フランス料理とイタリア料理の違い

中華料理、日本料理、フランス料理、イタリア料理。。。

お料理の種類は色々あるけれど、中華料理や日本料理なら違いがハッキリしてて分かりやすいけど、フランス料理とイタリア料理と聞くと、違いをなかなか説明出来ないですよね。

この違いを知らないとマナーを勉強しても、違う場所で違うマナーを使っても、それは恥ずかしい思いをするだけになります。

なのでまずは違いを知りましょう!!

マリリン
マリリン
もともとフランス料理のルーツは実はイタリア料理なのですわ。

イタリア料理

・素材の味を生かした、シンプルな味付け。家庭的な料理
・オリーブオイルを使う
・炭水化物がパスタ
・植物系の料理が多い
・フォークの背中に料理を乗せて食べる。
・フォークを右手に持ち変えて食べるのはNG

フランス料理

・ソースで勝負!!
(しかし最近は変化してきており、素材を組み合わせて味に奥行のある料理に進化してきている)
・バターを使う
・炭水化物がパン
・魚介系が多い
・フォークの背に乗せて料理を食べるのはNG
・フォークを右手に持ち変えて食べてもOK

まず、メニューの構成が違います。
普通のレストランを前提にしますが、

イタリア:前菜(アンティパスト)、プリモピアット(主にパスタ)、
セコンドピアット(主菜)、ドルチェ(デザート)
フランス:前菜(アントレ)、主菜(プラー)、デセール(デザート)
イタリアの方が、パスタの分、一皿多くなります。

料理内容については、現在では大差がないです。
良くイタリア料理は素材の持ち味を重視し、
フランス料理はソースを重視するなどと言う方もいますが、
今日、素材を重視しないフランス料理はありませんし、
濃厚なソースは現代人の味覚に合わないので、
デグラッセ(フライパンにこびり付いた旨味をワインなどに溶かして
軽いソースを作る技法)を主体にした軽いソース(ジュ)を
使うことが多くなっています。

また、以前のイタリア料理の主菜は、
バーベキューのように肉を焼いただけで、
塩胡椒、オリーブ油、レモンなどをかけた素朴なものが
多かったのですが、フランス料理の影響で、
今では盛り付けも美しくなっています。

両者の違いは相対化し、モダンヨーロピアンという
くくりになってきています。

引用︰yahoo知恵袋

フランス料理コースの流れ

ピエール
ピエール
まずはフランス料理の基本的コースの流れを覚えましょう。
マリリン
マリリン
コースの順番は実は美味しくお料理を食べる為にとても意味のある順番になっているのよ。

テーブルマナーの前に意味を知って、お食事を召し上がる事をオススメするわ。

その方がお料理より楽しめると思いますわ。

前菜(オードブル)


オードブルと言われているもの。これから食事を始めるぞ!と食欲を促進する働きもあります。

その為、ボリュームは少なめで、彩り重視になっています。
また、胃腸を整える役目もあり、塩分、酸味がベースの味付けが多くなっています。

スープ

体を温める意味もあり、メイン料理への入口です。
コンソメスープやポタージュスープ等が大半ですが、最近ではヴィシソワーズスープ等も出てくるようです。

魚料理(ポワソン)


お肉よりお魚が先に出るのは、消化の良さを優先した為と言われています。

お魚料理の種類としては、グリル(焼き魚)・プレゼ(蒸し魚)などがあります。

口直し(ソルベ)


コースの中盤で出てきます。
デザート?! これで終わり?! と勘違いしないようにして下さいね。

口の中をポワソンで使用されたソース等の味を一旦リセットし、次のメインディッシュのアントレに繋ぐために出てきます。

満腹感が出ないように、砂糖は使用されていません。

肉料理(アントレ)

コースのメインのお料理ですね。

このお料理を食べ終わった後に「満腹! 満足! 」と感じれるように、今までのお料理のボリューム等が全て計算されています。

デザート(デセール)

デセールは、「お皿を撤収」と言う意味を持ちます。

これまでのコースのお料理の満足感を演出すると共に、甘い物は食べた物を胃から腸へとスムーズに送り込む働きを担っています。

コーヒーと小菓子(カフェ・プティフール)

コーヒーにはリラックス効果と、また脂肪燃焼効果があると言われています。

プチフールは、「小さい火」という意味です。

フランス料理テーブルマナー

フレンチのディナーについて

彼と一緒に星野リゾートに行く事になりました。
彼が頑張って予約してくれたんですが
なんと、食事がフランス料理と!

私はフランス料理を食べたことがないんです。
テーブルマナーもわかりません。

こんな感じで行っても大丈夫でしょうか?
やはり予習しないと恥をかきますか?

どうかご指南下さい!

明日の夜、付き合って2ヶ月になる彼の家族(彼は中学時代の同級生で、ご両親と会うのはこれが初めてではないです)と一緒に食事に行くことになったのですが…。

場所がフランス料理のレストランらしく、お恥ずかしいのですが私は子供の頃からあまりナイフとフォークを使う外食のお店に行ったことがないためテーブルマナーが分からず、

ご両親の前で粗相をしないか心配で仕方ないのです(>_<) 最低限のマナーやナイフとフォークの正しい使い方など、直前なのですがどうか失敗しないアドバイスを下さい。 宜しくお願い致します。

引用︰yahoo知恵袋

マリリン
マリリン
やっぱりテーブルマナーで悩んでる方っているのね。

このままではせっかくのお料理が楽しめないわ。

ピエール
ピエール
そうですね。1番はお料理を楽しむ事が大切。

その為にはイメージしながらテーブルマナーを知っていくと頭に入りやすいかもしれませんね。

マリリン
マリリン
じゃあ、お店に行ったつもりで想像しながらテーブルマナーをお勉強して行きましょう!!

さて、ではあなたは実際に恋人との記念日にフランス料理を食べに行く事になりました。

お店に入ってから、お料理が順番に来て食べ終わるまでをイメージしながら、マナーを頭に入れていきましょう。

お店へ入店時

お店に到着し、中に入ります。

この時普通の飲食店なら、店員さんに案内されそのままテーブルに着席しますね。

フランス料理店では、コートや大きなカバン等は入口で預けましょう。

テーブルに持って行くものは、小さいカバン1つだけにしましょう。

テーブルへ着席

ウェイターに従いテーブルへ向かいます。

着席は誰からどこに座っても良いのではなく、まずレディーファーストが基本です。

最初にウェイターが引いた席が最上席。

主客または女性から座ってもらう様にしましょう。

この時男性は、椅子の左側で立って待つのが基本です。

荷物について

先程コートや大きなカバン入り口で預けて来ましたが、1つ小さなカバンは持ってきたあなた。

どうしますか?

テーブルの上に置きますか?

いいえ、カバンをテーブルの上に置くのは良くありません。

スマートフォンやカメラなども、テーブルの上に置くのはマナーとしては良くありません。

着席した後は、椅子の背と自分の背の間にカバンを置きましょう。

ナプキンについて

着席すると、テーブルの上にはナプキンが置かれています。

食事中に指を拭いたり、口元を拭いたりする時に使用するものですが、いつ広げれば良いのでしょうか。

着席後すぐに広げても、マナー違反にはなりませんが、1番スマートなのはオーダー後にお膝の上に広げるのが良いでしょう。

2つ折りにして、折り山を自分側にして広げます。

またお食事の途中で中座する場合は、軽く畳んで背もたれにかけるか、椅子の上に置いておきます。

持参のハンカチ等を使用する事はマナー違反になりますので、必ずテーブルの上のナプキンを使用して下さい。

マリリン
マリリン
ではこんな時はどうしたらいいのかしら?

先日、フレンチレストランに友人と食事に行った時の話です。

席に着いてからお食事が来るまでの間スマートフォンを取り出して、友人と会話を楽しんでいました。

お食事が運ばれてきたのでスマートフォンをバッグにしまおうとしたとき、手が勢いよく当たってしまいスープカップを倒してしまいました。

スープがこぼれて、テーブルを汚してしまったのでテーブルに置いてあったナプキンで拭いて対処したのです。

ピエール
ピエール
慌てているのでついついやってしまいがちですが、実はこれはマナー違反になります。

テーブルに置かれているナプキンは、あくまでも汚れた指や口を拭くもの。

こういう場合は、持っていればティッシュを使い簡単に拭き取り、あとは速やかにウエイターを呼びましょう。

スムーズに対処してくれますので、お店の方にお任せしましょう。

対処してもらった後は一言お礼を伝えると良いですね。

カラトリーについて

フランス料理ではフォークやナイフなどの事を指します。

基本はセッティングされている、外側から順番に使います。

しまった!使う順番を間違えて足りなくなってしまった!

大丈夫です。

間違えて使ってしまっても、ウェイターが補充してくれますので安心してください。

お食事の途中のカラトリーの置き方

お皿の上に、八の字で置きます。
この時ナイフの刃は内側、フォークの背が上を向くように置いてください。

お食事終了の時のカラトリーの置き方

ナイフ、フォークをお皿の右側に揃えて置きます。
この時フォークの背が下になるように置きましょう。

マリリン
マリリン
食事中と食事終了の時とで、カラトリーの置き方や向きが違うので気をつけないとですわね。

もしお食事中にナイフやフォークを落としてしまった場合、自分で拾うのはマナー違反です。

必ずお店の方に拾ってもらいましょう。

ピエール
ピエール
これは、ナプキンについても同じなので、気をつけましょう。

フィンガーボール

お食事と一緒にフィンガーボールと言う、お水が入った容器が運ばれてきます。

この場合は、お食事は手を使って食べてもかまいません。フィンガーボールは汚れた指を洗う為のものです。

間違っても、ナイフやフォークなどを洗ったりしないように注意ですよ!

メニュー選び

ではいよいよメニューを選びます。

フランス料理の場合は、コースとアラカルトがあります。

コースの場合は問題ありませんが、アラカルトの場合頼む順番に困った時は、コース料理の順番と同じ構成で注文すると良いでしょう。

飲み物

最初の飲み物はシャンパンやスパークリングワインが1番無難でしょう。

迷った場合はソムリエがいますので、恥ずかしがらずソムリエに相談しましょう。

もちろん好きなお飲み物があれば、そちらをオーダーしても構いません。

お酒が強くないのであれば、ボトルで注文しなくても問題ありません。

前菜

前菜が運ばれてきました。

串が刺してあるものは、串を手で持ち食べてオッケーです。

レタス等、生で提供されるもので大きい場合ナイフで切ってはいけません。

この場合は、ナイフを使い折りたたんで厚みを持たせて、フォークで刺して食べます。

スープ・パン

次にスープ・パンが運ばれてきました。
結構細かいマナーがありますので、注意して覚えてください。

スープの飲み方

把手がついたスープカップで出てきた場合は、把手を持ち口をつけて飲んで構いません。
ただし、音をたてて飲むのはマナー違反です。

把手が無いスープカップの場合は、もちろんスプーンを使用しますが、スープのすくい方にもマナーがあります。

フランス料理の場合は奥から手前にすくうのが、食べ方のマナーです。

逆にするとイギリス式になりますので注意です。

パンの食べ方

最初からテーブルに置かれてる場合はスープが出てから食べましょう。

ウェイターがカゴに入れて持ってきてくれる場合、好きなパンを選べるのですが、美味しそうで沢山取りたくなりますね。

しかしここはファミリーレストランのバイキングコーナーではありせん。

ここでのパンはお腹を満たす為のものではありませんので、最後までお料理を美味しく食べる為に、グッと堪え1.2個で我慢しましょう。

続いて食べ方についてです。
美味しそうなので、かぶりついて食べたい所ですがこれもマナー違反です。

パン皿の上で一口大にちぎって、バターナイフでバターをちぎったパンにつけ、一口で食べるようにしましょう。

面倒だからといって、全面にバターを塗りたくって食べるのは良くありません。気をつけてくださいね。

ピエール
ピエール
スープやお料理の残ったソース等が美味しかったからと言って、パンに付けて食べるのもよくありませんので、やめておきましょう。

ポワソン(魚料理)

日本人ならお箸を使って食べていきたい所ですが、フランス料理ではお箸はありませんので、ナイフとフォークを使って食べましょう。

どこから切って食べても良い訳ではなく、必ず左端からナイフで一口大に切って、フォークで食べましょう。

魚を裏返して食べるのもあまり良くありません。

アントレ(肉料理)

いよいよメインディッシュ。フルコースの主役の登場です。

食べやすいように、全て一口大に切ってしまってからゆっくり食べたい所ですが、それはスマートな食べ方ではありません。

スマートな食べ方としては、一口大にその都度切って食べるようにしましょう。その方がお肉も冷めにくく美味しく召し上がれますよ。

お肉の焼き方について
レア
ミディアムレア
ミディアム
ミディアムウェルダン
ウェルダン

とあって、下に行くほどしっかり火を通す焼き方になっています。

ピエール
ピエール
注文する時に、もちろん好きな焼き方を選んで良いのですが、迷った場合はミディアムレア、ミディアムが1番無難だと思います。

デザート

メインディッシュも終わりコースも終盤です。
お店により、お口直しとしてチーズが出る場合もあります。

デザート用のスプーン、ウォーターナイフを使用しましょう。

食事が終わり席を立つ時

全てのお食事が終わり、席を立つ時はお膝にかけてあるナプキンはどうしまょう??

日本人であれば綺麗に畳んで、ご馳走様でしたと席を立ちたいですよね。

しかしフランス料理のマナーでは、綺麗に畳んでテーブルの上に置くと、「お料理が美味しくなった」という意味になってしまいますのでご注意を。

ナプキンは簡単にまとめてテーブルの上に置いておきましょう。

まとめ

⚫フランス料理の基本的なコースの流れを覚えましょう。
⚫ナプキン、カラトリー、フィンガーボールそれぞれいつ、どう使うのか注意しましょう。
⚫それぞれのお料理のマナー違反の作法にご注意を!!
⚫お料理をおもいっきり楽しみましょう!

いかがでしたか?

結構細かい作法があり、難しかったですね。

日本人ならお食事の場面ではお箸を使うことが主流で、ナイフ、フォークをメインで使用する事はあまりないので、マナーを覚えるのはなかなか大変だと思います。

また最近ではカジュアルなフレンチレストランも増えてきており、そこまでマナーに厳しくないレストランもあります。

しかしお食事を通し、異国の文化を学びながら、美味しくご飯を食べる事はとても素敵なことだと思います。

この機会にマナーについて少し勉強をして、いつもより少しオシャレもして、素敵な空間で美味しいお食事をうんと楽しめるといいですね!

マリリン
マリリン
わたくしも改めてフランス料理の食事マナーについて勉強出来たし楽しかったわ。
あ~、何だか美味しいフランス料理が食べたくなってきちゃったわ。
ピエール
ピエール
皆さんもせっかく美味しいお料理、マナーを知らずに恥ずかしい思いをして、お料理を楽しむどころでは無くなるより、ちょっと勉強して楽しくお食事が出来ると最高ですね!

あなたはどのタイプ?

パーティーに出席が決まった。
さあ、ドレスはどうする? 着物にする?

前と同じドレスはイヤ。

季節も流行りも変わってるし、私の気分も変わってる。
似合うものだって、変わってる。

一度しか着ないから、レンタルドレス・レンタル着物

レンタルに無かったから、ドレスショップ・着物屋さん

ドレス以外も借りたいから、定額制ファッションレンタル

赤ちゃんからお子様、マタニティドレスを探してる?

パーティーは、パーティーウェアを探し始めた時から、はじまってる。

今度のパーティーは、何着ていく?

Party Life TOPにもどる